人気ブログランキング |

タグ:セリンセ ( 9 ) タグの人気記事

種蒔きの頃


e0379198_11551103.jpg
花色が今一歩のセリンセを切りました。
最初に種蒔いた時から10数年経っていますが一度絶えた時があって
その時に「南の麦」で苗を購入してまた続いています。
最初のセリンセ↓のほうが花色も濃くて雰囲気がありましたが
こぼれタネと蒔いたタネで続くうちはこのまま↑が庭にいます。

10月末に蒔いた3つのうちセリンセとヒメサボンソウは開花までいきましたが
初めてのカサバルピナスは1個発芽で途中ダウン、100円で買える苗でしたが
カサバルピナスはヨソで見る花になりました。
e0379198_12071313.jpg
朝顔は去年採取した分だけでと思っていましたのに
朝顔のタネ2袋が あらっ!
同じタネの袋持つヒトは4月に入ってすぐ蒔いてしまって 
ぎょぎょっとしましたが「ちゃんと発芽して水やってるよ」と先日聞いて
5月半ば過ぎと思っていた種蒔きをしたくなり
水に浸して2日経過
先ほど土の中1センチに埋めこみました。
去年の「空色朝顔 るこう草 風船葛」は瓶のなか
まだ当分先になってから蒔く予定。

きょうのエゴの蕾↓ きのうと変わりばえないですね。
e0379198_12151869.jpg
水やりしていたら蛙がいました。
先日購入した文鎮↓気に入ったものが後押ししてくれるお習字の時間。
連休最後の日に筆持って途方に暮れています・・・一日おこもり
外はこれから風と雨の予報です。
e0379198_14095243.jpg


by karakaze99 | 2019-05-06 13:03 | | Comments(0)

大物洗濯進行中

e0379198_12085820.jpg
ナガミヒナゲシを「親のかたき」のように草取りして失くしたはずなのに
わたしの目を盗んでそのオレンジ色の開花までたどり着いた猛者?を
集めてセリンセと一緒に瓶に入れて鑑賞します。

実は渋めのオレンジと形が好きなのですが
一時その繁殖力に席巻される庭になりかけたので以来排除の方向に。

e0379198_12092308.jpg
カモミールの足元に3本の小さなチューリップ発見
よく見るとアブラムシがたくさんついているので
切って水道で洗い流しドリンク瓶に挿しました。
この春のチューリップは鉢植えのほうも失敗でした。

e0379198_12095904.jpg
ハナニラはそろそろお終い。
これも繁殖力強くてなんども抜いていますが
いろいろな場所で気づくと花咲いていました。

e0379198_12102648.jpg
きょうもさやえんどう26個とアスパラガス2本収穫できました。
e0379198_12104891.jpg
昼ごはんの時間なので新タマネギと一緒に汁の具にして卵とじ。
きのうテレビで知った炭酸入れるとふわりとする卵を実験しました、
そうかなぁ・・・。

寝かせ玄米のパック入りの半分と生協レトルト黒カレー半分にキウイ。
夕方にヨガがあるので食べ過ぎ注意、ねじるとウグッ 。

e0379198_12110114.jpg
洗濯機が早朝から頑張っています。
よい天気でしあわせな洗濯日和です。
e0379198_12113582.jpg

by karakaze99 | 2019-04-20 12:58 | 日常 | Comments(2)

花豆の煮えるまで

e0379198_22525258.jpg
店に「新豆」のラベルを貼られた花豆があって買って帰りました。
2合(240g)の花豆をきのう朝から水に浸しゆうべからコトコト煮ました。
砂糖は100g醤油と最後にはちみつ入れてふっくら出来ました。
遠い記憶に安房直子さん絵本で「花豆の煮えるまで」があって
煮ているあいだに「花豆の煮えるまで」と時々繰り返し声に出してみて楽しくなり
どんな絵本だったかなぁとその題名ばかりが妙に懐かしくて
検索して本の表紙の絵を見て「あっ!」と切なくなったのでした。
花豆煮るおばあさんの背中を見ながら消えてしまったお母さんの話を聞く女の子の話
落ち着いたら今度は自分のために借りてきて読んでみようと思います。

e0379198_23054737.jpg
ダンボールの箱に詰めて↑私の着替えも風呂敷にくるんで上から詰めて
それをクロネコに運んでもらう手配をしました。


庭の春待ちの発芽ものの整理もしたいけれどいずれ帰ってから
e0379198_23173515.jpg
もらったニンニクを土に埋めてそのニンニクの芽が出ているのが気になるし
12月末に埋めた半額水仙も芽が出ているけれどこのペースでは来年春の花咲きかもと
気になっている庭は5~6日留守番になります。
e0379198_23223037.jpg



by karakaze99 | 2019-01-16 23:57 | つくる | Comments(2)

5日ぶりに庭に出る

e0379198_22295047.jpg
ガーデンシクラメンが一気に花数増やしていました。

カシワバアジサイの赤はより濃く
アナベルの葉の緑が留守の間に黄色くなっていました。
挿し木にして3年目でもともとのアナベルより大株になって来年が楽しみです。
親アナベルは西洋ニンジンボクと梅花ウツギの根が占めている一角で
とうに葉をすべて落としています。
e0379198_22365066.jpg
2週間前11月20日には発芽 ↑ してふたばだったり土を持ち上げていた
種蒔きトリオはしっかり成長していました。

セリンセは葉が4枚5枚に増え
ヒメサボンソウは発芽の数が増えて4枚葉も多くなっていました。
たぶん6個か7個さやの中から取り出した豆からは
たったひとつだけ発芽したカサバルピナスが
小さいながらも笠のような葉を広げて葉の数を増やしていました。
e0379198_22334854.jpg
ほわほわした小さい笠葉の可愛いこと、
たったひとつというところもあって注目、真冬を越えられるかなぁと
過保護の気持ちがうずうず家の中に取り込んでしまおうか思案中。
e0379198_22464888.jpg


by karakaze99 | 2018-12-08 12:21 | | Comments(0)

発芽

e0379198_18343370.jpg
向こうのイチョウの木の黄色を背景に今朝の朝顔です。
葉は枯れてきたけれどまだ蕾がついています、連休頃は気温が下がる予報です。


e0379198_18350604.jpg
10月に蒔いたセリンセ・ヒメサボンソウ・カサバルピナスの芽が出ていました。
(11/14)今朝見るとカサバルピナスの小さな葉がしっかり確認出来ました。

e0379198_18364541.jpg
e0379198_18354042.jpg
(発芽を喜ぶこびとさんたち特別出演↑)


午後ホームセンターに寄った時水栽培用にヒヤシンスの大玉球根を探すと
赤色とピンク色の2種だけでした。香りの強い白とかクリーム色が欲しかったのに
残念、1個100円のをそれぞれ1個ずつ購入してさっそく瓶に置きました。


e0379198_18373943.jpg
冬の準備がいろいろ気になりメモしておけばよいものを
ふっと思い出してひとつづつ片付けています。
炬燵のヒーターのサイズを確認して新しいのを買ってくるのも先延ばし用件のひとつです。
ムスコの部屋にしまってあった1畳サイズのホットカーペットを敷いて今のところは
しのげています。
ヒヤシンスの水栽培も冬の準備だったのでひとつ片付きました。


by karakaze99 | 2018-11-20 19:15 | | Comments(0)

種蒔き



e0379198_21024624.jpg
e0379198_21041795.jpg
種蒔きしました。
セリンセはこぼれ種から発芽するのでたぶんいけると思います。
ヒメサボンソウは1ミリあるかないかの小さな種なのでちゃんと蒔けたかイチかバチか
発芽なかったらもう1回蒔く予定です。
カサバルピナスは初めてなので発芽するか育つかチャレンジです。





e0379198_21044961.jpg
25日のヘブンリーブルー
e0379198_21031196.jpg
夕方西日でうしろの蕾の影が透けているこっち向きの花↑

e0379198_21385293.jpg
e0379198_21391007.jpg
e0379198_21393720.jpg


by karakaze99 | 2018-10-26 07:00 | | Comments(0)

振り向いたら負けよ

e0379198_14525602.jpg
オオデマリの木に居残った蜂10数匹はきのうまでは任務遂行だったようで
わたしがそうっと様子をうかがいに出ると、必ず1匹が追いかけてきていた。
きょうは2匹が幹にとまっているだけ、飛んでこない。
みんなどこに行ってしまったんだろ。



砂利の中で生き延びたセリンセ2株が花をつけだしたので切って写す。
屋根のあるデッキ下で肥料も水もないのに強いなと思う、
でも
花は色も大きさもやはりぱっとしない。
来年のために今度はきちんと種をとって、
もっとよい場所で定着させよう。
e0379198_14582263.jpg
ヒメサボンソウも野菜の花といっしょに写す。
e0379198_15193886.jpg
セリンセとヒメサボンソウとワスレナグサとカモミール、
この組み合わせで空き瓶や小さな食器に入れて
何枚も写真撮っていたのはずいぶん前。
あの頃のわたしは 
ちょっとせつない。
e0379198_21211844.jpg
今年から また4つ揃う庭になったので写真を自分満足で撮るつもり。
楽しんでいるわたしでいきたい。



2013年4月 (この頃はヒメサボンソウ絶えていて3種)


e0379198_15493053.jpg




by karakaze99 | 2018-04-06 16:21 | | Comments(0)

押し出さない

e0379198_00222401.jpg
パソコンのピクチャフォルダが混雑。
少しずつ 古い写真を削除して整理中。
唸って名前出てこなかったこの花の名前が 削除作業中 褒美のようにころっと浮かんだ。
「セリンセ」だった。

去年 防犯目的で音が出る砂利をデッキの周りに敷いた、
その小石の隙間から今3つ芽を出している。
今年はちゃんと種採って ほかの場所で次からは大事に育てよう。

e0379198_00335248.jpg
花粉が落ちるけれど花瓶に入れて好きな感じ。

e0379198_00371899.jpg
12月に2度 みぞおち右下辺りがぎゅっと痛くなって 滅多にない痛さだった。
不整脈を自覚した頃だったので 放散痛?!
不安払しょくするため、
5年ぶり 2度目の胃カメラ検査を去年暮れに申し込み 先日実施。

初めての時は検査スムーズで問題なしの結果だった。
こんどは鼻水と涙でぐちゃぐちゃになり
映される胃の内部は白い斑点と出血跡のような点。

「食道裂孔ヘルニアで逆流性食道炎」

このせいで痛み発作が出るようなことはないとのこと、
12月の痛みは「胆石かなにかかなぁ?」とかかりつけのDr.
「放散痛だったら今胃カメラ受けていないでしょう」


「食道裂孔ヘルニア」というものものしい診断名にたじろぐ私。
もともとの体質というより、 老化と、なにより肥満が大きな原因と思われ~
お腹についた脂肪が下から押し上げて横隔膜の下にあるべき胃を
横隔膜の穴から上にヘルニアしている。
これが一番の原因

逆流性食道炎についてPPIのネキシウム20㎎が処方追加された、
症状出た時でもいいし、継続服用でもいいしという曖昧な指示。
降圧剤飲んでいるしできれば薬は増やしたくない、 
食べ過ぎ 甘いものコーヒー控え
お腹の脂肪を少なくすることで(←難しい・・・)なんとか。


そういえばヨガのこの体制 (画像はネットで借りました)
e0379198_01193470.gif

内臓が上から横隔膜押しているけれど どうなんだろ?











by karakaze99 | 2018-02-24 23:59 | 日常 | Comments(0)

写真

e0379198_13423445.jpg

アイフォンを持つようになって ラインを利用するようになって
こんな楽しみ方ができる時代に 婆になってよかったなぁと思う。
ライン写真で孫の成長をみせてもらっている。

いつだったかパソコン修理点検をして受け取りに行った時 
パソコンにiTunes落としてそこにアイフォンのバックアップする工程を店の人に教えてもらった。
簡単!と感嘆したのに 
その後その教えを実践することなく いずれ気の向いたときにと過ぎている。

そして先日 このブログでアイフォンの写真を使おうと思い アイフォンとパソコンを繋いだ。
すると 以前は自動的にアイフォンの写真をピクチャに取り込んでくれたのに 
ダウンロードしてそのままのiTunesのどこかに送られてしまうらしい。

私はボー然とする。

写真はどこに・・・

そこここ押しても見つけられない・・・


※(後記2/19:アイフォンからパソコンへ送った写真、ピクチャの上のほうのフォルダに入っているのを見つけた!早とちり・・・)



14,15日記事に載せたのはパソコンの中にすでに納まっていた去年撮った庭の花。
オオデマリ むべの花 カモミール そしてチューリップ、春よ来いの気持ちで。
この写真(↑)は2010/05/09 ! 8年前あそべやあそべの頃。
毎年5月の顔ぶれがこの季節には恋しい。

正月にこどもらに貰ったお年玉をコンデジに換えよか思案中。

花咲く頃までには新鮮な写真を記事のあいだに載せたいと思う。
それも心をはずませるツール。

(↓)2013/4/11の写真、今年も芽を出しているこの紫色の花・・・あんなに愛でたのに名前が浮かばない、かなし。
e0379198_14051587.jpg
※男子フィギアをリアルタイムで見たくて 1時からテレビ前に待機しつつのブログ更新。
涙が出た、感動をしながら。




by karakaze99 | 2018-02-16 14:21 | 日常 | Comments(0)
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31